ブログ

自己流の煙突掃除は危険がいっぱい!

March 16, 2018

日本には薪ストーブや暖炉の使用に関する規制や義務が整備されていません。

これは煙突メンテナンス不備による事故や火災が規制や義務が整った

薪ストーブ先進国よりも起こりやすい状況であると言っても過言では御座いません。

 

また、日本では煙突掃除をご自分で実施する選択肢のある国でもあります。

既にインターネットや薪ストーブショップよりメンテナンス道具を購入し、

ご自分で煙突掃除を行っている方も多いのではないでしょうか?

 

ショップから教わった通りに、本や雑誌で解説されている通りに、インターネットやYoutubeで見た通りと正しく煙突掃除を行っているように感じていても、それが正しく掃除が出来ているのか不安になる事はありませんか?

 

煙突掃除は煙突内に付着した煤やタールを除去すれば『安心』ではないのです。

煙突掃除の他にもチェックしなければならない事があるのです。

このチェックをしっかり行っていないと『一酸化炭素中毒』の危険が隠れています。

気密性が高くなった近年の住宅では特にメンテナンス後のチェックを

しなければならない事があります。

 

煙突掃除は正しい知識を持ち、

正しい実施方法を知る必要がある事を再認識して頂きたいと思っております。

 

さて、本日(3月15日)

日本の安全な薪ストーブライフの継続に多大なるお力を貸して下さる 

Rodtech 安全講習インストラクターが新たに誕生致しました。

 

 

<写真左側>

インストラクター:Mr. HIROKI SANO

インストラクター番号:JP18-0001

シ ョ ッ プ 名 :ランドマークストーブ

ショップ 所 在 地:静岡県富士市伝法983-1

WEB:https://lmstove.jp/

 

<写真左から2番目>

Rodtech認定Chimnery SweeperMr. HARUKI TAKIZAWA  

認定番号:JP01-0001-0012

シ ョ ッ プ 名 :ランドマークストーブ

ショップ 所 在 地:静岡県富士市伝法983-1

WEB:https://lmstove.jp/

 

<写真右側>

インストラクター:Mr. HIROYUKI NISHIKAWA

インストラクター番号:JP02-0001

シ ョ ッ プ 名 :SCHORN(ショルン)

ショップ 所 在 地:愛知県知多郡美浜町野間中新田97

WEB:https://www.facebook.com/schorn.jp/

 

 

転落の危険が潜む高所の屋根に上る事なく、

室内から安全、確実に煙突掃除を可能にした煙突メンテナンス ツール

Rodtech』のご購入、安全講習の受講は正規販売店にてお買い求め頂けます。

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

Rodtech Japan』 安全インストラクター養成講習

講師:吉田一之(KAZUYUKI YOSHIDA)

所属:株式会社エイコーテレシス

役職:代表取締役

資格City & Guilds Accredited Progtamme

       『Chimney Sweeping and Advanced Fault Finding 』

 講習内容

①煙突に潜む危険

②煙突メンテナンスにおける危険

③健康と安全

④Rotary Power Sweepの使い方

⑤煙突掃除後の重要点検

④、⑤の実技講習

講習時間

13:00~16:00(講習開催日は都度ご確認をお願い致します)

 

会場

埼玉県東松山市上野本1871-3

 

受講資格

日本国内において薪ストーブまたは煙突掃除業を営まれている方

 

費用

25,000 (認定書発行料・Rodtechインストラクター名刺 含む)

 

 

英国『Rodtech』日本総輸入元

株式会社 エイコーテレシス

埼玉県東松山市上野本1871-3

TEL 0493-22-7250 FAX 0493-22-7277

info@rodtech.jp

www.rodtech.jp

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2017年 年内のRodtechインストラクター講習は以下の通りです。


10月26日 会場:埼玉県東松山市上野本1871-3
      時間:13:00~  


11月16日 会場:埼玉県東松山市上野本1871-3
      時間:13:00~

 

11月23日 会場:埼玉県東松山市上野本187...

2017年内のRodtechインストラクター講習のお知らせ

October 23, 2017

1/2
Please reload

最新記事

February 16, 2020

Please reload

アーカイブ